1 ランディングページとは - Webマスター

ランディングページとは

本日は、ランディングページについてです。

ランディングページとは

ランディングページとは、検索エンジンの結果から、最初に表示されるページ(広告など)のことです。
ホームページでよく検索されるページ、キャンペーンページやブログなどがこれにあたります。

インターネット広告や検索キーワードなど、Webサイトの入り口によって訪問する人の目的にあったページを用意することで、「問い合わせ」や「資料請求」、「注文」、「会員登録」などの最終的な成果を得やすくなります。

サイトへの入り口矢印-horz2

サイトへの入り口              ホームページ(自社サイト)

 

ランディングページの一番の目的は、上記の成果を得ることですが、これは何もランディングページだけの役割ではありません。

でもなぜ、ランディングページが必要なのでしょうか。

ランディングページの必要性

不動産サイトを例にあげます。

仮に、検索キーワードから大きく3パターンに分かれたとしましょう。
① いい場所に住みたい

⇒ 検索キーワードは「吉祥寺」「恵比寿」「池袋」など。

② おしゃれな場所に住みたい

⇒ 検索キーワードは「デザイナーズ」「高層マンション」など。

③ 安く済みたい

⇒ 検索キーワードは「〇〇(地域名)」「家賃」「格安」

「〇〇(地域名)」「敷金・礼金」「0円」など。
①のニーズ ⇒ 人気の住まい特集ページを作成

②のニーズ ⇒ デザイナーズマンション向けのページを作成

③のニーズ ⇒ 格安穴場物件特集ページを作成

このように、検索キーワードから訪問者のニーズを判別し、最適なサイト・ページがランディングページです。
新規訪問者のホームページ平均滞在時間が約3秒です。
たった3秒でそのホームページに滞在するかどうかを判断されます。
そのため、訪問者の的にあった商品・サービスの良さを伝えるキャッチコピーやサイト作りができるかどうかがポイントです。

アクセス数を増やすことよりも、新規訪問者にいかに興味を持たせられるか、長く滞在してもらうかがホームページ運用の胆です。
そのニーズを満たすためのサイト作りが重要ではないでしょうか。



にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ

▼シェアをお願い致します!▼