1 地域ポータルサイト構築と運用について - Webマスター

地域ポータルサイト構築と運用について

今回は、実際に「地域ポータルサイト」の運用した場合について考えていきます。

 ポータルサイトのメリット・デメリット

◇メリット

・安定した収入が見込める
・サイトが安定すれば労力が少なくて済む
月額ストックビジネスのため、一度定着すると安定した収入が見込め、比較的更新も容易になりやすいです。

◆デメリット

・運用コストの高さ
・スタッフが必要
・広告費を落としてくれるクライアントを探す必要がある
一番の課題は、制作・運用にかかる維持コストの大きさです。
多くのクライアントを抱えることにより、発生するサイトの制作・修正、管理コストがかかります。
それから取材、写真撮影などをするスタッフの確保、クライアント(グルメ、美容などの店舗)数が多くするとなると、対応する営業が必要になってきます。

このように地域ポータルサイトは、運用コストが他のサイトと比較し、高くつく場合もあります。

 

 どうしたら地域ポータルサイトは成功するか?

・掲載してもらうための実績を出す

一定以上の掲載規模、PV数などの実績が必要になります。
最初のうちは、リスティング広告などを利用して広告主を集め、無料掲載を行い、PV数、SEO対策を図っていく必要があります。

・コンテンツを消費者(読者)に作ってもらう

飲食店の情報を消費者や広告主(店舗)にWEB上で登録してもらう方法で、運営者はほとんど関与しません。いわゆる、食べログ方式です。
これにより、運用コストを大幅に節約でき、サイトに広告スペースを設置し、利益を出せる体質を作るという方法です。

・成功報酬型の広告掲載にする

飲食店など広告費はそう多くかけられません。
そこで予約が成立し、実際に上がった売上額の20〜30%ほどいただく、成功報酬の方式です。
これなら店舗側の持ち出しもなく、売上金額に連動しているので、店舗側も応じてもらえる可能性が高そうです。
しかし、それぞれの方式には一長一短があります。
できるだけコストをかけずに自前でサイトの更新等を行い、ポータルサイトのパッケージシステムなどを利用し、テストパイロット的に立ち上げていくのがいいかもしれません。
 

IR-SEO【Intention Relevance SEO】(インテンション・レリヴァンスSEO=意図・関連性SEO)『2019年最新 今やるべきSEO対策理論』-Googleの意図とユーザーの意図を読み解け!-

【関連記事】
ポータルサイト構築



にほんブログ村 IT技術ブログ SEO・SEMへ

▼シェアをお願い致します!▼